夢知遊座ロゴ

ごあいさつ

 私たち人形劇団夢知遊座は、おかげさまで三年前20周年を迎えることができました。この20年の中で、数多くの子ども達、応援してくださる方々に出会い、ここまでやってくることができました。
 その間、小さな劇団ながらも、2000年には代表の鈴木が「名古屋市民芸術祭賞」を受賞、2002年には人形劇団として「日本演劇興行協会助成」を受賞などの評価をいただいてまいりました。また、2010年度に鈴木が受賞した「松原英治・若尾正也記念演劇賞」では、大人向け作品に加え、子ども向け作品の作・演出・美術・演技も賞の対象となり、これもひとえに、これまでご贔屓・ご指導くださいました幼稚園・保育園、子ども・おやこ劇場関係の皆々様と、その笑顔と歓声で作品にたくさんの栄養をくれた子どもたちのおかげと、心より感謝しております。
 20周年を通過点とし今後も、ますます作品にこだわり、子どもたちに夢知遊座としてのメッセージを届けてゆきたいと思っております。また、子どもの文化の地位向上にも尽力してゆきたいと、心の引き締まる思いです。
 これからも、少しでも多くの方々にお目にかかれれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

夢知遊座のあゆみ

1994年8月 旗揚げ

2000年度 名古屋市民芸術祭賞(演劇部門)受賞

2002年度 日本演劇興行協会助成受賞

2010年(第15回)松原英治・若尾正也記念演劇賞受賞

2004・2005・2009・2012・2015年度 名古屋市子どものための巡回劇場

トピックス

きたく子ども劇場より「劇場賞」を受賞しました

きたく子ども劇場賞・KIDS大賞 「ポポイのポイ!/ごんぎつね」

きたく子ども劇場賞・ベスト出演者賞

きたく子ども劇場一同様より

 きたく子ども劇場では、一年間に観た例会の中から会員の投票により、「劇場賞}を選んでいます。毎年どの作品にも票が入り、好みや感性の多様性を感じます。特に子どもたちの感想からは、演劇や音楽の持つチカラを信じることができます。

 賞状は担当サークルの子どもが作ってくれました!